2014年2月15日土曜日

120年に一度の雪景色


まだまだ陸の孤島と化している山梨ですが、
家のまわりの除雪もひとまず終り(雪を捨てる場所がありません)
当分除雪車もやって来そうもない気配濃厚なので、
スノーシューで周辺状況を偵察に向かいました。
めーぷるから国道までは約400m。
隣接の「ともにこの森」は 本日は営業中止です。
屋根の雪が大量に落ちてます。
これからどこでもこれに気をつけないといけません。



車もすっぽり。

雪はさらさらで、一歩一歩沈みます。
雪の中、おばけを発見。














ここは八ケ岳霊園といって、この土地を開拓した人々のお墓です。
当時は高原の寒さに随分苦しめられたそうですが、
ここに眠る方達も見たことのない風景が広がっています。














この辺り少し吹きだまりになっていて腹まで埋まる雪の中、むりやりラッセル。

ようやく除雪された道路に出ました。
車を発掘中

もう少しで国道、国道なら多少車も動いているのかな。
ところが
ともにこ入口、駅に向かう方向です

ともにこ入口、甲府に向かう方向です
これが国道…。
なすすべなしという感じです。
そんな中、セブンイレブンは営業してました。あいててよかった。弁当パン類は売り切れ。

丁度、除雪のブルが通り抜けました。
甲府方面、先ほどより少し上から見ています















午後4時にようやく除雪開始とは。
開通は一体いつになるのだろう。

萌木の村前交差点ではトラックが多数停まっています
国道萌木の村前

駅に向かう道

駅に向かう道は除雪されていますがどこまで通じているのでしょう。
高原大橋までは現在行けないようです。

来た道を戻ります。

作った道の底、雪の断面が青くてきれいです。
南岸低気圧によってもたらされる雪特有の色なんだそうです。
八ケ岳特有の宇宙にも似た濃い空の色を八ケ岳ブルーと呼んでいますが
これも一つの八ケ岳ブルー。

夜、月がこうこうと庭を照らしています。
これもまた八ケ岳ブルー。
 
まだまだ陸の孤島です。
特に車中泊や停電で苦労されている方、お気をつけて。

自然は時に厳しくそして 厳しいからこそ美しい。