2014年4月14日月曜日

FADENGRAFIK :糸掛けグラフィック


開店祝いでポカリさんに頂いたのがこの手作り壁飾り。
マンダラのようでもあり、花のようでも花火のようでもある。
糸が造りだす微妙な立体感がなんともいえずいいのです。


「シュタイナーの素数糸掛け」というんですって。
シュタイナー教育においては素数(1とそれ自体以外では割り切れない自然数)を理解するための教材とのこと

数学ってわからないけど、美しいなあと改めて思います。

こんなのが作れるようになれたらいいなあ。