2014年9月30日火曜日

御嶽山噴火について

9月28日、岐阜県と長野県の県境にある御嶽山が噴火しました。
噴火に巻き込まれ被害を受けた方、まだ発見されていない方、お亡くなりになられた方のことを思うと胸が痛みます。
私事ですが小学生の頃に「有史以来始めての噴火による噴煙」を遠く愛知県より見ておどろいた記憶を思い出しました
また登山のガイドとしてもし、噴火の現場に遭遇したときにどうすべきか。ということにも思いを巡らしています。
 ちなみに
噴火の翌日、山梨県内でも灰が微量観測された,というニュースを見て宿周辺も確認してみたのですが
車のフロントガラスがわずかにホコリっぽく見える…かなという程度でした。
(最近洗車してなかったので普段と大差ないくらい)

当日〜昨日まで雲一つない秋空の快晴で八ケ岳初め富士山、南アルプス等遠くの山まで見えたのですが、
(このあたりだと御嶽山まで直線距離で80kmくらいとかなり有るため、御嶽山自体は八ヶ岳山頂など高山に登らないかぎりは見えない位置となります)

というわけでいまのところはこちら山梨県清里高原ではまったく平常通りで噴火の影響は感じられません。
自然の力は想像を超えて大きいですね。